ぎっくり腰 40代 男性

慢性からの急性腰痛

来院時の症状

歩行困難。 身体を動かす度に激痛。じっとしていると固まって、動き始めが痛む。

<検査、原因分析>

本人の自覚は左腰に痛みがあるとの認識。 触診をすると腰・右側の方が筋肉が固い。右腰が縮み、左腰が緊張し、痛みがでていると考えられる。
仕事で車に座る時間が長いのと、重い荷物の上げ下ろしの作業で腰に負担がかかり、何かのきっかけで急性の痛みになったとも考えられる。疲労の蓄積もある。

<施術プラン>

縮まってしまった筋肉を緩め、痛みの出ているか箇所への負担を減らしていく。
腰周辺(大腿・臀部)の筋肉も緩め、腰に対してのクッション性をつくる。
ストレッチ・体操等で固まらないよう動きをつける。

経過

1回目

  • 痛みが強く、弱めに押圧。
  • カイロベッドで身体の向きを変えるのも困難。
  • 施術後の変化はあまり見られなかった。

2回目(3日目)

  • 腰の痛みは多少軽減。
  • 押圧も少し強めにできるようになる。

3回目(4日目)

  • 動作が楽になる。
  • 動き始めも痛みは気にならない程度。

4回目~現在

  • 経過良好。
  • 来院間隔を少し伸ばす。

※施術効果には個人差があります。