腰・わき腹の痛み(急性期) Kさん女性60代 主婦

来院時の症状

じっとしている時は良いのだが、動作開始時に腰部に激痛が走るとの事。
寝ている状態から起き上がる、寝返り、せき、くしゃみをするのが大変。
睡眠時間は5時間との事でした。

<検査・原因分析>

3週間程前に足を滑らせて身体を大きく捻ってしまい以来、腰から脇腹にかけての痛み。
痛みが強いため身体の動きのテストをするのが困難な状況。
下半身に対して上体が傾いているが、おそらく、痛みの為に身体が自然に逃げているのだと思われる。
捻った事による筋肉繊維を傷めたものと思われるが、痛みの度合い、そして時間の経過からすると肋骨のひびも考えられる。(X線写真は撮ってないとの事でした)

<施術プラン>

  • カイロテーブルの上にうつ伏せに寝て頂いて施術開始。(寝るまでが大変)
  • 右脚が2センチ程短い状態、股関節も堅い。
  • 主症状の腰部は筋肉が硬く縮んでいる状態。
  • 脚調整そして腰の筋肉を緩める。
  • 身体が緊張状態にあり今後はまず硬縮した筋肉を緩め、痛みの軽減に全力を尽くすのみである。
  • 痛みが軽減してくると他にも症状が出てくる可能性があるように思う。

経過

1回目

  • 施術後、脚長差は1センチ程になる。
  • 腰の痛みに大きな変化は見られない。
  • 脇腹は右側の方が痛みが強い。

2回目(2日後)

  • 施術後のこの2日間は多少痛みが少ないような・・・との事。
  • 脚長差は最初1センチ程だったが調整後は差なし。
  • 腰部の筋肉は相変わらず硬縮している。
  • 施術後多少、軽くなったとの事だが、動作開始時はやはりかなり痛い様子でした。
  • 念の為X線写真を撮る事を進めた。

3回目(4日後)

  • この4日間は少し楽だったとの事でした。
  • 脚長差は無し、本人も歩いていてそう思うとの事。
  • 殿筋、腰方形筋(腰の横側)、腹横筋(脇腹)を主に緩める。
  • X線写真は撮ってないとの事でした。

4回目(2日後)

今日は大分動ける様になってきたので腰周りのストレッチとメドマー(脚のエアーマッサージャー)をプラスして施術。

5回目(4日後)

  • 今回は膝そして足先がしびれるとの訴え
  • 他の症状が気になりだしたということは主症状が軽減してきた証。
  • 膝のTPT(トリガーポイントセラピー)
  • 股関節と膝のモビリゼーション
  • 腰周りはいつも通りの施術

6回目(4日後)

  • 腰は気にならなくなったとの事。
  • 脇腹はいつも右の方が症状が重いのだが今日は左の方が気になるとの事(右側は軽減)。
  • 体側のストレッチをプラスして施術(良い姿勢と歩き方のポイントも)。
  • 趣味のサークルを設立したとの事で元気が出てきた模様。
  • 筋トレ(腹筋)を試みるが腰に痛みが出る為、中止。
  • 痩せすぎでは?の問いに、食欲が無いとの事でした。

7回目(9日後)

  • 動作開始時の脇腹の痛みは軽減するもまだ残っている。
  • 歩くスピードが以前より速くなったとの事でした。
  • 今日は肩周りと首もプラスしての施術に入る。(ほぼ全身に及ぶ)

今回で集中改善は終了。
週1~2回ペースでメンテナンスで通院中。

※施術効果には個人差があります。